2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/28 (Mon) 震災

まずはこの度の東北関東大震災で被災されました方に心よりお見舞い申し上げます。
関西在住で今回直接被害のなかった私が、しかも趣味のブログであるこの場所にこのようなことを書くことに対しての躊躇はありますが、自分自身が忘れないために書き留めておきたいと思いました。
なお、この文章は全く個人的な心情を書いたものであり、突込みどころも多いと思います。ごめんなさい。

今回の震災に対して思い知ったのは何と自分は無力なのだろうということ。
自然災害に対してもそうだし、現地で被災した方に対してもそう。
遠距離だから現地に行ったり出来ないと自分に言い訳しているけれど、もしこれが隣県だったら自分に何が出来ただろうか。
何のスキルもない、体力もない、力もない、大して若くもないし、頭脳もない、運転免許ないし、瓦礫を持ち上げることさえきっと出来ない。
現地にボランティアに行ったって、右往左往するだけの足手まとい。
自衛隊や消防隊、看護師さん、お医者さん、ライフラインや道路、物流を復旧させるために懸命な人たち…そのどれにも自分はなれない。
私の仕事はどちらかというと余暇を楽しむ人たちのためのもので、生活の保証があった上でのプラスアルファを与えるための仕事。電気や水道やガスや、あったかい家や、身の安全の保証の上に成り立つ仕事、
懸命に仕事をしたって、今苦しんでいる人を支えられるわけではない。
私が出来ることは義援金を出すことくらい。しかし勿論庶民だから大した額ではない。

あほみたいですが、私は何で開拓者じゃないのかと心底思いました。
彼らのように力があって、人々を助けられる存在ではないことが悔しい。
きっと今、全国で自衛隊員や消防士や看護師になりたいという子供たちが急増しているだろうなと思う。
だって大人の私でさえそう思うもの。
人の役に立つ仕事がしたい、のに出来ない。こんなことで考え込む日がくるとは思わなかった。
まあ私は昔からヒーロー願望みたいのがあって、だからいい年だけどWTにダダ嵌りしてるんだろう。
そして、PCたちとはやっぱり違う自分に失望してしまう。


地震直後はとてもWTなんて出来ないと思ったし、もし震災前に浪漫茶房に参加していなかったらWT中断しちゃってたんじゃないかと思う。
浪漫茶房の締切り時はまだまだ気持ちが今より揺れまくっていて、白紙になっちゃうんじゃないかと思ったりもしたけど、長年の腐魂で白紙は回避できた。腐は私が積み重ねてきている数少ないことだから何とか書けたんだと思う。これが通常の戦闘シナリオとかだったらプレ書くのは無理だったかもしれない。
そしてプレイングを考えることで、日常の自分を取り戻す一助になったことは間違いない。プレを書いてる最中は色々なことを忘れられたし。
相談にお付き合い下さったPLの皆さん、楽しいシナリオを提供して下さったシーザーMS、有難う御座いました。


テラネッツのチャリティー籤やシナリオ、OMC販売は非常に有りがたかった。
どこの企業もそうだろうけど、テラネッツさんもこの3月はかなりの打撃だったろうと思う。
チャリティー商品を売ることで通常商品の売り上げはかなり減っただろうし(だってお金と時間の出どころは同じだから)、プレの締切りを3日延ばしたことでも損害があるだろう。
関連業務に携わったクリエイターさん(MS含む)は、いわばただ働き。これは結構大変なことだ。
寺はPLである私たちに「やれること」を提供してくれて、実際売り上げも被災地に行くのだ。営利企業だから、全く下心がなく慈善精神だけでやってるわけではないかもしれないけど(普通はどんな企業もそうだ)、テラネッツさん有難う。私の中でテラネッツさんの株は随分上がった。


あるMSさんがTwitterで、人は無力なのではない、微力なのだという言葉をツイートされていて、それは慰めになった。
関西なので節電にも協力出来ないし、関東や東北の痛みを共有できず。
結局普通に過ごして、出来るだけお金を使って、被災地のことを忘れない、長期に渡って義捐金を出す。
無力なのではなくて、0.00001でもそれが何かの足しになれば。そう信じて生活するしかない。
この自分に対する失望感のようなものは今後も消えることはないだろうけど、せめてそれを何とかしようとあがくことが微力に繋がれば。
今はそう思っている状態です。
このとりとめのない文章を読んで下さった方、居たとしたら有難う御座いました。

未分類 | trackback(0) | comment(1) |


<<「人食む黒き馬」「宿 経費削減のお話」リプレイ返却 | TOP | 「寒い蛙」「ただ君を待つ-血戦-」リプレイ返却>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/04 04:07 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tenjin03.blog105.fc2.com/tb.php/432-fd152696

| TOP |

プロフィール

天神橋

Author:天神橋


居住地:大阪

性別:女

職業:会社員

最新記事

カテゴリ

過去ログ +

2015年 09月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【5件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【7件】
2011年 04月 【5件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【18件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【8件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【12件】
2010年 05月 【9件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【18件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【18件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【14件】
2009年 08月 【18件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【12件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【20件】
2009年 02月 【19件】
2009年 01月 【24件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【12件】
2008年 09月 【5件】

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。